初心者には???な将棋用語の数々

初心者の方には聞きなれない言葉を解説します。

TVやネットの将棋番組で、何やら不可解な言葉が飛び交っていますよね?

将棋を楽しむにあたり、最低限理解が必要なワードをピックアップしました。

※随時更新します

  • 指す:1手進める事。将棋をする事。「次の一手を指して下さい」「将棋を指しましょう」
  • 打つ:持ち駒を使う事。「持ち駒の角を打つ」
  • 好手:良い手。優勢に導く一手。
  • 最善手:その局面で一番良い好手。
  • 悪手:悪い手。圧倒的に損をする一手。
  • 疑問手:悪手ほどではないが、形勢を損ねる一手。
  • 受け:相手の攻めを受け止める、かわす、凌ぐ、守る事。「飛車取りを受ける」
  • 受けなし:相手が狙う次の手がどうやっても受からない事。「玉が受けなしなので負けだ」
  • 詰めろ:次に玉が詰む状態。「詰めろがかかったので受けなければいけない」
  • 一手一手:受けて受けても詰めろが続く状態。「投了します。受けても一手一手なので」
  • 必至:受けなしの詰めろの事。必死とも書く。「必至をかけて勝ちになった」
  • 成る:駒を敵陣3段目以内に進めて駒をひっくり返す事。「歩が成ってと金になる」
  • 投了:負けを認めて宣言する事。「負けました。と言って投了した」
  • 振り駒:対局開始の際に先後を決める儀式「振り駒で先手番になった」
  • 上手:二人の対局者のうち、明らかに強い方、教えてあげる人。
  • 下手:二人の対局者のうち、明らかに弱い方、教えてもらう人。
  • 手合い:対局方法の事。「手合いは平手でお願いします」
  • 平手:ハンデなしの手合いの事。「実力は同じくらいなので平手で指しましょう」
  • 駒落ち:実力差を埋めるために上手が駒を最初から減らして戦う手合い。ハンデ戦。「5段差なので角落ちでお願いします」
  • 手筋:指し手のテクニック。「歩の手筋を駆使して優勢になった」
  • 駒組み:駒の配置の整備。玉の守りや攻めの形。
  • 序盤:対局が始まって駒組みが終わり駒がぶつかるまで。
  • 中盤:駒組みが一段落し、駒の交換が行われる状況。本格的な戦いが始まった状態。
  • 終盤:玉に対し攻撃が迫っている状況。もうすぐ戦いの決着がつきそうな状態。
  • 急所:弱点、重要な手、最重要な事。「敵の囲いの急所を突く」
  • 一手スキ:次に玉が詰む状態 ※=詰めろ
  • 二手スキ:あと二手で玉が詰む状態。一手スキの一手前。
  • 妙手:一見損に見えて実はすごく得な一手。奇抜で思いつきづらい好手。
  • 絶妙手:妙手中の妙手。大損に見えて実はとても得な一手。大逆転の1手
  • 鬼手:とても刺激的で攻撃的な絶妙手。駒を派手に捨てて直接勝ちにつながる絶妙手。
  • ゼット:終盤で攻め込まれているにも関わらず、玉が絶対に詰まない状態。「相手は一手一手、自分はゼットなので勝ちを確信した」
  • 味が良い:うまい指し手、相手の指し手を逆用した指し手、一手に複数の意味がある指し手。都合の良い指し手
  • 大局観:的確な形勢判断を行う能力のこと
  • 棋譜:対局の指し手の記録
  • 棋譜並べ:棋譜に記された指し手を再現し鑑賞・学習すること

 

☆ここまでお読みいただき誠にありがとうございます。

 上記以外でわからないワードがあればコメントに入れて下さい。

 随時追加します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です