級位者にお勧めな勝ち方!「詰み」より「詰めろ」

リスクのある詰み手順を追及するより

ずっと安全で

確実な勝ち方を紹介します。

級位者は必見です!

 

終盤で無理に詰ましにいった結果

詰まずに逆転負けする

ケースがあります。

実際には正しく指せば詰む局面でも

時間がなかったり

勘違いしてしまったり

そういうミスはつきものです。

 

そこで~~

 

詰めろをかける!

ずばりこれです。

 

「長い詰みより短い必至」

これは有名な格言です。

必至でなくとも「詰めろ」で十分です。

 

気をつけるべきは

先に自分の玉に詰めろがかかっていたら

詰まされて負けになる事でしょうか。

 

しかし級位者のうちは

勝ったり負けたりの経験の中で

少しずつ上達していけば良いでしょう。

 

終盤で相手玉を追い詰めた時

次に詰む状態

すなわち「詰めろ」の状態をつくる

これを意識すると

飛躍的に勝率が上がります。

 

王手王手で迫れば

相手は必然的に対応してきます。

でも~~~

詰めろならば

相手が気づかなければ

詰めろを受けてこないので

簡単に詰すことができます。

 

是非、次に簡単に詰む「詰めろ」をかける勝ち方を覚えましょう。

 

※ここまでお読みいただき誠にありがとうございます。

 ご質問やご意見ご要望は↓コメントからお願い致します。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です