初段になる為の必修手筋!中盤戦で先手を取る3つの手段

中盤戦でよくみられる

大事な手筋をご紹介します。

この手筋を知らずにスルーしている級位者の方を多く見かけます。

ということは

この手筋を覚えたら

勝ちまくれる

という事です。

先手を取って好守逆転

図1

ここは先手の手番ですが

現局面は後手の△89飛車成りを防ぐ必要があります。

しかし▲87歩のような手では

相手に手番が渡り

△54角等の攻めを

継続され

苦しくなってしまいます。

 

こういうところは

豊富な持ち歩を活かして先手を取り

反撃に繋げます。

 

図2

図1から

▲85歩△同飛車▲86歩△同飛車▲87歩△76飛車▲77銀△74飛車

▲75歩△同飛車▲22歩△同金▲31角

で図2

受けながら飛車取りに歩を打ち捨て続けることで

自然な流れで反撃に転じる事ができ

結果

飛車・金両取りが決まりました。

先手を取ることで相手に手番を渡さない事がポイントでした。

先手を取ってピンチをチャンスに変える

図3

先手の手番ですが

現在先手玉にはかなりの危険が迫っており

△89角が厳しい狙いとして残っています。

この局面も受けが必要ですが

後手の美濃囲いが固く

ぬるい手では

勝つのは難しい局面です。

 

図4

 

一旦▲49歩と打ちます。

対して△36飛車成と銀を取って来れば

先手玉への脅威が緩和され

攻めに転じることができます。

そこで後手は△同飛車成と歩を取って図5へ

 

図5

△49飛車成▲59金寄りと

竜を叱りつけます。

この後、

△46竜なら▲47金で竜を捕獲

△38竜なら▲16角

△39竜なら▲17角で

竜取りと敵陣への攻めが同時に決まり

一気に優勢になります。

 

大駒をいったん近づけてから

当たりをかけて

逃げるしかない状況に追い込む。

 

当たりをかわす、逃げる、といった手は

極めて効率の悪い手です。

相手に効率の悪い手を指させるテクニックを覚えると

勝率がグッと上がります。

先手を取って激しく攻める

図6

後手の86にいる飛車や

53にいる金が極めて不安定な駒で

いかにも技がかかりそうな局面です。

しかし

ゆっくりしていると

陣形を立て直されてしまいます。

 

図7

▲82歩△同飛車▲83歩

で図7

桂取り~飛車取りに2歩を打ち捨てます。

図7から△同飛車なら

▲84歩で飛車先を押さえ

次に▲89飛車から8筋を突破します。

もどって図7から△52飛車なら

▲85桂と桂馬をさばき

▲73歩成りから

銀・桂を手持ちにする展開になれば

指しやすくなります。

 以上

先手を取る

ということは

相手に効率の悪い手を指させて

自分は効率の良い手を指す

と言い換えることができます。

実戦で使いこなせると

とても将棋が楽しくなると思います。

 

※ここまでお読みいただき誠にありがとうございます。

 ご意見ご要望は↓コメントからお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です