将棋仲間が増える!思いやりの感想戦

将棋仲間と良い関係を築く事ができる秘伝の方法を伝授します。

この秘伝をマスターすれば

あなたの周りには

いつまでも

将棋仲間がいてくれるでしょう。

 

 

将棋ブームといわれながらも今一つ爆発的に将棋人口が増えないのは

対局に負けた時に

心の傷を負いたくない人が

多いからではないでしょうか?

 

たしかに勝ったときは、

これ以上ないほどの優越感や満足感に浸ることができます。

そこをモチベーションに強くなろうと頑張る人もいるでしょう。

 

でも~~~

負けた時の

あの

自分が全否定されたような

絶望感

屈辱感

「もう二度と将棋なんかするもんか!」

そう言って

将棋から去っていく人を何人見た事か・・・

 

勝つ事が目的になっている人は

負けると将棋が嫌になります。

 

勝つ事が目標の人は

また次頑張ろうと思えます。

 

初段を目指している級位者の人なら

自分の実力が日々初段に近づいている実感が得られれば

負けてもモチベーションを維持できるでしょう

 

あなたと対局した人が

どんなスタンスで将棋に取り組んでいるのか

それは様々です。

 

もしあなたが将棋仲間を増やしたいと思うなら

是非、以下の方法を試してみて下さい。

 

対局直後に、

一局の中で相手の指した

一番良かった手を褒める

 

もしあなたが勝ったのなら

相手の悪手を直接ダメ出しするのではなく

代わりの良い手を提案してあげて下さい。

「こんな手じゃ全然だめだよ~」・・・・×

⇒否定され傷つく

 

「ここはこうされると、こっちが苦しかったね」・・・・

⇒次は勝てる可能性があると思える

 

自分にまだ勝てる可能性が残されていると感じられれば

次への意欲が湧いてきます。

 

傷口に塩を擦りこむような発言は絶対にしてはいけません。

 

対局に勝った後は、一言二言でもよいので

相手の労をねぎらい

良い将棋が楽しめて良かった

という趣旨の言葉で

終わりましょう。

または

あなたと将棋が指せて嬉しかった

という趣旨の言葉も良いですね!

 

☆ここまでお読みいただき誠にありがとうございます。

 ご質問やご意見ご要望は↓コメントからお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です