~将棋を覚えたいお子様向け~将棋を始めてみよう!part1

 

公益社団法人日本将棋連盟公式ドリルを引用し

将棋の初歩についてお伝えします。

小学校低学年のお子様を対象とした内容です。

 

駒の並べ方

対局するには、まず駒を盤上に並べます。

駒の種類と正しい位置

上の図通りに駒を正しく並べましょう。

並べ方の順番は正式な方法を説明していますが

普段対局するときは

好きな順番で並べても大丈夫ですよ!

マスの符号と指し手

将棋盤のマス目は符号と呼ばれる数字で表されます。

住所のようなものです。

符号を使って将棋の指し手を表します。

 符号の表し方

 符号は「1一」であれば「イチイチ」

「1二」であれば「イチニ」

と読みます。

「5五」のマスに角を持ってきたとき

「5五角」(ゴーゴーカク)と表します。

紙に書くときは「55角」のように漢字を使わない書き方でも大丈夫です。

 先手と後手の表し方

指し手を符号で表すとき

先手と後手の指し手をわかるように表します。

▲先手

△後手

先手は黒の三角形や五角形

後手は白の三角形や五角形

で表します。

たとえば

▲76歩△34歩▲66歩△84歩・・・

とうような表し方になります。

 理解度テスト

それでは、しっかり覚えられたかどうか

復習してみましょう!

正しい並べ方は?

 できましたか?

もし、間違えたり分からなくても

何回か正しい並べ方を復習すれば大丈夫ですよ!

すぐに覚えられます!

符号わかるかな?

最初はちゃんと覚えなくても大丈夫です!

強くなると自然に覚えられますよ!

 

最後に・・・

 最初は、駒の並べ方や符号など

覚えるのが大変かもしれません。

全部覚えられなくても

将棋を楽しんでいるうちに

自然に身についていきますので

まずは将棋を楽しんでみてください!

 

←くもん出版のページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です